Home > シェアハウスおすすめ情報 > シェアハウスに住む人の平均年齢

シェアハウスに住む人の平均年齢

海外にはシェアハウスと言うスタイルがあり、友達と一緒に住まいをシェアして生活をします。最近はこのシェアするスタイルが国内でも見られ、都心や主要都市ではシェアハウスの物件が多くなっています。大阪にも都心と同じくらい物件があり、特に国際交流が出来るタイプが多いです。
国際交流が出来るシェアハウスには、色々な国の人たちと共同生活が出来る魅力があります。ですから英語はもちろん色々な外国語が学ぶ事もでき、生活をしながら自然に語学を学べるのも魅力です。
またシェアハウスでは入居条件の決まりがあり、性別や年齢制限があります。入居条件には身分証明書などの提出や、入居の為の審査を受けなくてはいけません。

このサイトには大阪のシェアハウスがランキングしてあり、ランキングは個室料金で比較をすることが出来ます。シェアハウスでは一番の条件が費用になり、共同生活だから家賃も格安で住む事が出来ます。
大阪のシェアハウスランキングサイトには、阪神なんば線福駅近くのコーンウォールがあります。梅田やなんばそしてUSJからも近く、コンビ二やスーパーも隣接されています。気になる個室費用は20000円から29999円で、鉄筋コンクリートの3階建ての物件です。
また中央線緑橋駅から近くにあるのが、プディング緑橋で一軒家をフルリノベした物件です。入居条件は女性だけになっており、個室費用は24000円から39000円になります。

そしてこの大阪のシェアハウスのランキングサイトには、これからシェアハウスをする人にためになる情報もあります。
シェアハウスのリアルな情報が載っていて、住んでいる人の年齢の情報がわかります。大阪のシェアハウスのランキングを見ても、入居条件には仕事を持つ社会人を対象にしています。
ですから実際に住む人の年齢は20代後半が一番多く、36.4パーセントの割合になります。そして次に20代前半で23.3パーセント、30代前半が22.6パーセントの割合です。
つまりシェアハウスには20代から30代が多く、平均年齢は28.9歳くらいになります。そして最近の傾向としては30代の人の利用も増加しており、国際交流のある物件では語学を学ぶ事が出来るのも理由です。
また30代になると出会いが少なくなるので、友達はもちろん恋人が作れる環境にもなります。シェアハウスと言う新しいスタイルには、なかなか出会えない人に出会える魅力もあります。

次の記事へ

PAGE TOP