Home > シェアハウスおすすめ情報 > 大阪のシェアハウスの特徴

大阪のシェアハウスの特徴

今、シェアハウスに住むと言う人が多くなっています。東京を始め、大阪・名古屋と言った大都市中心に広がっています。
このシェアハウスは、法律上に定義はありません。個人の賃借人が、賃貸人と間に賃貸契約を結び、寝室を単独で使用するものとし、キッチンやリビングといった普段の生活空間は、他の住人と共用する住宅となっていると考えられます。この場合の建物の多くは、それ以前が会社の寮であったとか、一般の住宅だったものを改装なりして、運営しているものと言えます。
シェアハウスと言われるものの特徴のひとつは、入居が簡単と言うことがあります。敷金・礼金がいりません。その代わり、デポジットと言う保証金を賃貸人、もしくは賃貸業者に預けることになります。このデポジットは、退去時に返却されるものですが、設備なを破損した場合には、返却がない契約もありますので、注意が必要です。

シェアハウス、家賃だけを考えると、安いとか高いと言う判断は、難しくなります。立地条件の良いところ、悪いところでは、同じタイプであっても費用に差が出て来ることになります。また付加価値の多いとされるハウスでは、費用も高く付く可能性も出て来ます。そのため、家賃においては、その物件次第と言うなると知っておきましょう。
更には、光熱費や共益費においては、家賃に含まれている所があれば、一定の額を毎月請求される所もあります。そして賃貸契約の期間も、同様にバラバラと言って良いでしょう。その支払い方法も、銀行振り込み、クレジットカードでの引き落としなどがあり、決まっているものではありません。

このシェアハウスに住む大きな特徴となるのが、共用空間を利用して他の入居者との、コミユニケーションの取り方と言えるでしょう。
共用空間で過ごす時間も多いことから、入居者同士での交流が自然派発生で起こると共に、連帯感を持つことに繋がって来ることです。
普段の暮らしでは、その接点が全くないと言う人でも、様々な業種の人が集まっていることから、様々接点を持つことが出来ることにもなります。引っ込み思案だった人なども、住民の雰囲気に慣れることで、週末に行なわれるパーティにも積極的に参加出来るようになることもあります。
そこには異国を含め、多種に渡る人たちが、その空間を楽しむ習慣を持っていることの良さが活かされていると考えます。
このシェアハウスを運営する企業が、大きな企業であることもあれば、個人で運営を行なっている所もあります。住む前には、大家さん、担当者等の人柄を知っておくことも、大切なことになるのでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP